2017年12月3日日曜日

「心静かに」クリスマスを迎えたい


       牧師 山口 雅弘  

アドベント・待降節の礼拝が始まった。「待降節」という言葉は、中世時代の教会が使用していたラテン語の「アドベント(到来する)」に由来し(今もカトリック教会が使用)、イエスがこの世に「到来する」ことを「待ち望む」期間を示すようになった。しかし、イエスが誕生しておそらく1~2世紀以上の間、「クリスマス礼拝」を捧げることはなかったようである。最初に語られ記されたマルコ福音書、またパウロの手紙には「イエス誕生」の出来事が記されていないことからも推察できる。
しかし、イエスのこの世での生き様と十字架の死、イースターを記念して礼拝を捧げられるにつれ、そのイエスはどのように誕生したのかということが大切な関心事になっていった。そのためにキリスト者は、「救い主」誕生についてヘブル語聖書(旧約)で何が示されているかを懸命に学び、ガリラヤの各地でどのようなイエス誕生の物語が伝えられてきたかを集めて語り継がれるようになったのである。
やがて世々の教会は、イースター、ペンテコステ(教会の誕生)と並んでクリスマスを大切な礼拝の時として捧げるようになった(しかし、今でもクリスマスを祝わない宗派もある)。
私たちは、信仰の先達者たちの祈りとイエス誕生の物語を受け継ぎ、神がイエスを「最大のプレゼント」として私たちに贈って下さったことを感謝し、クリスマス礼拝を捧げたい。それだけに、問題が渦巻く社会と騒がしい商戦の現実の中でこそ、できる限り「心静かに」クリスマスを待ち望み、クリスマス礼拝をこそ大切な「時」として迎えたい。
信仰の先達者は、自分の人生が変えられたイエスの生き様とその誕生の喜びを何としても語り伝えようとしたのであろう。日本にキリスト教が語り伝えられて以来、長い間クリスマスは祝われなかったようである。特に個人的な悩み・苦しみに加え、キリシタン迫害の嵐、また2回の世界大戦の時代にキリスト者迫害が起きる中で、必死に耐える信仰の力を人々に与えたのはイエスの十字架への生き様であった。信仰の先達者を突き動かし、イエスによって生かされた人々がイエスを「語り伝える」歴史があるからこそ、私たちが今「クリスマス礼拝」を喜びと感謝をもって捧げられることを覚えたい。
私たちの人生の途上において、「今年のクリスマス礼拝」を捧げることができ、イエスとの新たな出会いを与えられることを心から感謝し、他の人にイエスの誕生を「語り伝えて」いきたい。アドベントの時を「心静かに」礼拝する時にし、多くの人をクリスマス礼拝に誘って喜びと感謝を分かち合いたい。

2017年8月6日日曜日

夏の暑い朝―平和聖日を覚えて

牧師 山口 雅弘

1945年8月6日(月)、雲一つない快晴の日、米軍爆撃機「エノラ・ゲイ」が「リトルボーイ」という原子爆弾を搭載し広島の上空にやってきた。8時15分、ついに人類史上初の原子爆弾が投下された。地上600メートルの上空で閃光を放ち、火の玉が炸裂。後に「ピカドン」と呼ばれるようになった。火球の中心温度は100万度を超え、爆心地周辺の地表温度は3000~4000度に達したという。いくら想像力を働かせても、このことを思い描くことはできない。しかし丸木位里・俊ご夫妻は35年かけて、広島の地獄を「原爆の図」に描いている。14万人以上の命が一瞬にして奪われ、原爆による被災者また放射能被害者は今も苦しんでいる。

戦後、広島の地に「原子力発電所」を建設する案が浮上したという。原子力の開発継続を被爆地の広島で行おうとしたとのことである。「原爆と原発」はそもそも結びついていることを知らされる。だから日本政府と企業は、原子力発電をやめようとしないのであろうか。人間はどこまでも「悪魔」になれるのかと思わざるを得ない。それを許す私たちはどうであろうか。

私たちの地球では、絶えずどこかで必ず朝を迎える人がいる。人だけではなく、生きとし生けるものすべてが朝を迎える。それは希望の朝であろうか。それとも哀しみや苦しみの朝、一瞬にして命を奪う朝であろうか。

グァムは、「常夏の楽園」と知られ、そこで迎える朝は言葉を失うほどすばらしいそうだ。年間100万人以上の日本人が「常夏の島」グァムを訪れるという。しかし70数年前、日本軍がグァムに進撃し、「大宮島」と改名し支配していた。1944年7月、5万人の米軍が反撃し、日本軍2万人が「玉砕」した。多くの民間人や島民も殺され、環境も破壊された。グァムの北サイパン沖のテニアン島から、広島、長崎への原爆搭載機が出撃したのである。

フィリピンの山々やジャングルを逃げまわった人々、中国や朝鮮半島で戦火におびえ殺されていった人々、また沖縄の血で染まる海に身を投じ、ガマ(洞窟)の中で声を潜めていた人々、その人々が迎えた暑い夏の朝はどんな朝だったのだろう。グァムが「平和の楽園」と呼ばれ、沖縄はリゾート地になっているが、歴史の現実を忘れ、今も沖縄の人々は不安の朝を迎えている。再び地獄の朝を迎え、人々が犠牲にならないとも限らない。

「忘却や無関心」と闘うことは、神の被造物すべての生命を大切にし、地球環境を大切にすることにつながる。このことを反芻しながら、暑い夏に弱い私は「ダルイ」とへばっている自分を情けなく思う。

2017年5月21日日曜日

あなたはどこにいるのか?

牧師 山口 雅弘



私たちは何となくあわただしく毎日を過ごしている。持て余すほどの時間があるのに、一所懸命になれることがなく毎日を過ごす人もいるだろう。また、病気などで何かしたくてもできない状態にいる人もいる。「時間」は万人に等しく一日24時間与えられているが、一日の時間の使い方、その過ごし方の積み重ねによって、それぞれの人生はずいぶん違ったものになるだろう。

少し前になるが、「人生の時間割」とも言うべき興味深い記録を読んだことがある。平均的アメリカ人の生涯が79年だとすれば(2014年の調査)、人生を次のように過ごしているという。 ― 食事に7年(準備・片づけを含む)、仕事に12年、娯楽に8年(仕事の付き合いではなく)、睡眠時間24年、おしゃべり3年、洗面・化粧・着替えなど5年半、そして教会に6カ月 ― これは比較的、教会に行くのが当然と考えるアメリカ人の統計だそうである。

私たちの場合はどうであろうか? 生涯の1/3を寝て暮らすのは何とももったいない気がするが、他のことに使う時間とその中味を見直す必要があるかも知れない。
一日単位で見ると、「一日の大切さ」をさほど感じないで、無意味なことに時間を費やして平気でいられることが多い。時には、無意味なことをすることも必要だと思うが、その結果の人生になるとすれば、豊かな人生を歩んでいると言えるだろうか。

面白おかしく日々を過ごすことができればそれも意味があるだろう。娯楽や遊び、また旅も人生を豊かにする。仕事に熱中するのもよい。その人にとって「大切なこと」を求めるのもよい。どれもこれもが、真実に自分の人生を豊かにし、有意義と思えるものならばなおのこと良い。

しかし、時として虚しさを感じ、生きがいを感じられなくて大切な「時間」が失われていくと思うこともあるだろう。そして、「死」によって地上のすべてが終わるとすれば…。

「あなたは、またあなたの大切な人はどこにいるのか」と神の問いかけと招きがあることを聖書は語る(創世記4章、他)。その招きに応えて神に立ち帰り、日曜日の数時間を、生涯の何時間かを礼拝を捧げるために用いることができたら、人生が変わるかも知れないであろう。

2017年5月7日日曜日

資  質 ?

牧師 山口 雅弘

久しぶりに「牧師の徒然草」を書いてみたい。
先日来、政治家の「失言、暴言、虚偽発言…」などで、「政治家の資質」が問われている。その「資質」をめぐり考えていて、宗教改革者の一人が「説教者(牧師)の資質」についておおよそ次のように語っていたことを思い起こした(メモによるので不正確かも知れない)。

牧師たる者は、① 色々なことをせず専任者であれ、② すべての人の悩み・苦しみを負え、③ 説教に苦労し、生命をかけよ、④ 雄弁であれ、 ⑤ よい頭脳を持て、⑥ よい記憶力を持て、⑦ 欠点をあげつらう者の批判をすべて耐えよ、⑧、⑨… 

宗教改革の激動の中での「心意気」としては分からないでもないが、これを知っていたら、私はとても牧師にはなれなかっただろう。また、その人が指摘する「信徒たる者の資質」は…、言わぬが花であろう。そのように語る宗教改革者は、どのような「資質」を持っていたのだろうか?

さまざまな問題で揺れ動く社会の中で、悩み苦しみ、重荷を負わされる人に寄り添い、失われた魂の救いを祈り求めながら生きようとしている人は、牧師に限らず常に自分が問われるであろう。ミリアムと弟モーセは、奴隷社会からの解放に歩み出そうとした時、神の前に「私は一体何者でしょうか」と問わざるを得なかった。イザヤも「自分は汚れた者でしかない」と告白せざるを得なかった。エレミヤも、そしてパウロも同様である。歴史に名を残されていない多くの人もそうであっただろう。神からの「召命」ですら、本当に自分への「召命」なのかと問わざるを得ない。従って、伝道者また牧師の「資質」を問われて、神の前に立つことのできる人が果たしているのだろうかと、自らを省みるほかない。

私たちは多くの矛盾や欠けを負っている。その現実の中で揺れ動き、自らの信仰的前提や思いこみを打ち砕きつつ聖書の語りかけに聴き、「失われた魂」の声に聴き、イエスの生命にふれて歩むことが求められていると思う。また、牧師・信徒・求道者などと分けることに「不遜」が隠れているのかも知れない。最初期のキリスト教には「牧師職」すらなかった。神は、すべての人を分け隔てることなく愛し、生かして下さることを心に刻みたい。

2016年12月24日土曜日

クリスマスの希望: 人を生かす生命

牧師 山口 雅弘

 「希望」が、どれほど絶望の淵にある人を生かす生命と力になるかを色々なことを通して知らされる。第2次世界大戦の時、東京の平和島という所に大森捕虜収容所があった。1943年(昭和18年)には、その収容所に、アメリカ・イギリス・カナダの捕虜が600人収容されていたと聞く。そこの責任者の軍曹は、絶対的な権力を示し、捕虜たちに身の毛もよだつような暴力を振るっていたそうだ。捕虜たちは、いつ殺されるか分からない恐怖と絶望の淵に立たされていた。日本兵も、そのことを証言している。

 その中の一人で菅原さんという兵隊が、捕虜と言えども人間だという思いで、捕虜の話をそっと聴くようになった。ある時、囚人たちが「クリスマスに礼拝をできないだろうか」と打ち明けたそうだ。菅原さんは、戦時中で、しかも敵国宗教の礼拝を、こともあろうに捕虜収容所の中でするとは不可能だと思った。当然であろう。それでも、知り合いの大森カトリック教会の下山神父に会い、囚人たちに生きる勇気と希望を与えられないだろうかと相談した。教会自体がその時、弾圧されていたので、とんでもない話であった。しかし神父は、一大決心をして、祈りをもって準備を始めたそうだ。

 問題は、軍曹である。軍曹がいては、とても不可能である。このことが知れたら、捕虜たちはもっとひどい拷問に会うだろう。そこで、菅原さんも下山神父も、そして捕虜となった人々も皆、知恵を絞り、工夫し、努力し、必死に祈り、12月24日の日に軍曹が外出するように画策することになる。そして、ついに祈りと努力が実り、24日に静かな礼拝をすることができたという。捕虜の一人一人は、涙を流しながら讃美歌を歌った。そして、祈った。また、「イエスが共にいて下さる」、私たちは生かされているという喜びと、「希望は決して失望に終わることはない」という思いを新たにさせられたと言うのだ。どんなに辛い状況にあっても、クリスマスの希望は、人を生かす生命になることを改めて思いめぐらすクリスマスを迎えている。

2016年11月27日日曜日

イエスの誕生物語を「もの語る」こと

牧師 山口 雅弘
2016年11月27日(日)第一アドベント

  今日から、アドベント・待降節が始まった。「待降節」という言葉は、ラテン語の「アドベント(到来する)」に由来し、イエスが私たちの所に「到来する」ことを「待ち望む」期間を示す。世々の教会は、イエス・キリストが私たち自身とこの世のただ中に来て下さったことを心にとめ、忙しい生活であっても、できる限り「心静かに」クリスマスを待ち望み、礼拝の「時」を過ごしてきた。
しかし、心静かに待降節を過ごすことは、なかなか難しいことである。私自身そうであるが、日常生活において「何を一番大切にするか」が希薄になり、仕事や日常の用事に追われて日々が過ぎていくからである。

  アドベントは、毎年訪れる。しかし「今年も」、この時を迎えられることは、決して当り前のことではない。尊い生命を与えられ、「今年も」と言えることを心から感謝したい。

  クリスマスの季節には、とりわけ聖書の中の「イエスの誕生物語」を語り・聞くことが多い。イエスの誕生の喜びと感謝を分かち合うクリスマスを「待つ」時であるから当然であろう。そこで、イエスの誕生の出来事を「もの語る」ことはどういうことであろうか、と自問してみた。

  「もの語る」の「もの」とは、物質を示す「物」ではなく、例えば「ものの哀れ」、あるいは「もの悲しい」「もの寂しい」などとあるように、内なる心、内なる思いを意味するようだ。また「語る」とは、「話す」あるいは「伝える」こと以上に、相手を思い、心配りをして語ることを意味するであろう。従って、イエスの誕生を「もの語る」ことは、自分の心や思いを尽くし、また語りかける相手に問いを投げかけ、その心に何かを受けとめてもらえるようにという願いをもって語りかけることになる。

  最初期の「キリスト者」は、自分の人生を変え、与えられているイエスの誕生の喜びを何としても伝え、「もの語る」ことに突き動かされたのであろう。そのようにして、イエス・キリストが「もの語られる」時、言葉は力と生命になって私たちの心に働きかけるのであろう。また、その言葉の生命と力が私たちを突き動かす時、イエス自身が私たちの生きる只中にいて下さるという経験を与えられることは確かである。

  私たちの人生の途上において、イエスとの出会いを与えられたことを心から感謝し、他の人にイエスの誕生を「もの語って」いきたい。そのためにも、アドベントの時を、心静かに礼拝する時にしたい。

2016年6月26日日曜日

みんな違って、みんないい!

牧師 山口 雅弘

  7月10日(日)の参議院選挙が近づいてきた。今回の選挙は、歴史的な選挙になるであろう。
第一に、有権者が18歳以上になったことである。若い人たちが社会や政治に関心を持ち、日本の未来をつくる一歩になることを願いたい。

  第二に、今回の選挙は、「憲法を生かすか殺すか」、その岐路になる選挙になると言えよう。現政権が、「憲法改正」に必要な3分の2以上の議席を獲得しようとしているが、そうなれば、今まで以上に「非核三原則」がなし崩しにされ、「海外への武器輸出」が促進されることになる。何よりも、海外派兵を可能にして戦争への道を拓いてしまう、まさに危機に立たされている。

  憲法13条は、個人の尊重と幸福追求権が、国民一人一人にあることを明言する。この条項の精神には、「みんなが違っていて、みんないい」という多様性の尊重と国民に主権があるという主張が明文化されている。

  また憲法9条は、戦争の放棄、平和を作り出す者としての生き方が示されている。憲法前文にも、「平和的生存権」を確立することが明示される。これらの条項の精神にも、「みんな違っていても」、望むことは「平和」であることが示されている。「憲法」にこのことが明示されていることは、世界のどの「憲法や法律」にも見られないほど誇れるものと言ってよい。

  問題は、社会や政治の問題に無自覚・無意識・無関心になり、憲法が「改悪」されることである。先の衆議院選挙では、私たちの未来を決める大切な選挙を棄権した人が有権者の47.35%もいたと言われる。「どうせ、投票に行ったとしても何も変わらない」と思う人が多いのかも知れない。
しかし、現政権に投票した人の何倍もの棄権した人が、与えられている権利としての選挙に行けば、日本の未来は変わり得る。

「みんな違って、みんないい」、平和を形づくる者として生きていきたい。